浮気について 自分で浮気調査

集め方を伝授!旦那と離婚する時には浮気の証拠が決め手になる!

投稿日:

浮気の証拠の集め方を伝授します

「どうやら旦那が浮気をしているらしい」そう、勘ぐった場合、離婚という2文字が頭をよぎる人も多いと思います。

私もそうでした。

本当に浮気をしているか旦那に直接確認しようとも思いましたが、絶対にしらばっくれるか急いで証拠を隠すのは目に見えていました。

そこで私が行ったのは徹底的な証拠集めです。

 

本気で離婚を考えているなら確実に証拠が必要です。

また離婚を考えていなくても、客観的な証拠を残しておくことは事実関係を確認する上で非常に重要になってきます。

浮気を調査する際には「証拠が全て」と言っても過言ではありません。

 

離婚を考えてるなら証拠が全て!

実際に離婚に向けて話し合いを始めた際に自分の主張を認めてもらえるかどうかはこの浮気をした事実=証拠があるかどうかに大きく左右されます。

また裁判の前段階の離婚調停においても、旦那が浮気をしていたという決定的な証拠があると調停員がこちらの味方についてくれることが多々有ります。

どっちにしても離婚を考えていなくても、旦那に証拠を提示するだけで観念したり、反省の態度を見せたりする場合も有ります。

ではどのようにして旦那の浮気の証拠を集めればいいのでしょうか?

 

浮気の証拠の集め方

①証拠となる写真を撮る

写真は証拠としては一番強力です。

まさに動かぬ証拠として利用することができます。

例えば、旦那と浮気相手が二人揃ってホテルの一室や浮気相手の自宅などに入ってく瞬間を撮影し、その後一定時間を過ごして二人で出てきたところを撮影できれば、これ以上ない決定的な証拠になります。

このホテルなどでの滞在が一定時間というところがポイントで、ある程度の時間をホテルなどの密室で過ごさなければ「何もなかった」と突き通される場合もあります。

 

万が一裁判用の証拠として提出際には、デジタルカメラであれば撮影日時が記録されますし、スマートフォンであればデータファイルに日時が記憶されるものがほとんどですので問題ありません。

そしてこの写真の証拠として重要なのは、旦那さんと浮気相手の顔がはっきり写っているということです。

その辺をしっかり押さえにないと本人と断定できない場合、証拠として認められない場合があります。

ただ、このような、浮気の現場の写真というのは一般の私達が簡単に撮影出来るものではありません。

実際には探偵事務所に依頼して写真を撮影してもらうことで、高確率に証拠を押さえることができるでしょう。

 

②浮気の証拠メールを撮影する

旦那が浮気をしている時に浮気相手と連絡を取り合ったメールも重要な証拠です。

今ではLINEで連絡を取ることが多いですが、バレないようにあえてメールやフェイスブックのメッセージでやり取りをする場合も多いようです。

浮気の証拠となるメールや何らかのメッセージを見つけたら必ずそれを撮影して保存しておいてください。

単にメールでのやり取りがあったということだけでは「仕事上の付き合い」と言い逃れをされることもなくはありません。

ですが、メールの文面からこれは浮気だ!示すような内容はあれば十分な証拠となります。

これも自分のスマートフォンや携帯電話、デジカメで撮影しておき絶対に旦那にバレないように保管しておきましょう!

 

またメールをすると証拠が残るからといって、電話でやり取りをする人もいます。

この時は携帯電話の通話履歴の写真を残しておけば証拠となる場合があります。

通話履歴によって誰とどれだけ電話しているのか知ることができ浮気相手と多くの電話をしていたら、これも証拠の一つになるのです。

 

③インターネットの履歴をチェック

最近はこれで浮気の証拠を押さえられることが本当に多いようです。

その代表例として先ほども出ましたが、SNSであるfacebookです。

旦那が投稿していなくても、浮気相手がアルバムにツーショット写真を投稿したり、写真にタグをつけるということで浮気の証拠になる場合もあります。

タグ付けが間違いではない限り一緒にいたという証拠になります。

 

LINEでも今までメールで行っていた連絡のやり取りが行えるので動かぬ証拠になります。

某芸能人も奥さんにIDを抜かれ自分のスマホで見るように設定されたと報道もありました。

そこまでするとさすがにリスクも高いのでオススメはしませんが、浮気をする人にとってそれほどLINEは手軽なサービスなので、必ず押さえたい証拠でもあります。

しかし、この芸能人の不倫発覚を機に警戒する浮気者も増えたのも事実です。

ロックがかかっている場合には相当怪しいですが、証拠としておさえるのは至難の技です。

 

SNSやLINEではありませんが、浮気相手に会いに行くための電車の乗り換え検索サービスで浮気の証拠を取れる場合もあります。

多くの場合は検索した履歴が残っているので、見慣れない駅名が出てきてそれが浮気相手の最寄り駅だとわかれば重要な証拠になります。

 

④車関連で証拠を確認!

私が旦那の浮気で目をつけたのは、カーナビの目的地履歴です!

なんと仕事と行って出て行ったはずなのに違う場所へ行った証拠が残っていたのです!

 

車移動が多い場合これが本当に重要な証拠になります。

男性の場合カーナビの履歴に関してはガードがゆるい人が多いようです。

またETCの履歴も大きな証拠になるので可能であれば利用明細も写真として押さえておきましょう!

カーナビの目的地履歴やETCの履歴は日付も出ますので、その画面の写真を押さえておけば大きな証拠となります。

 

⑤レシートを集める

意外とレシートは簡単に手に入り証拠としてそれなりに有効です。

これだけでは浮気を立証するのは難しいですが、他の証拠と合わせれば有効な証拠となる場合があるのです。

 

具体的には、旦那の財布やカバンから出てきたホテルやレストランのレシートが証拠になるケースもあります。

最近はホテルに入る前にコンビニに寄って食べ物やお酒などを買うカップルも多いようなので、コンビニのレシートも有効です。

このコンビニのレシートは案外注目すべき点で、時間もきっちり記載されていますので浮気相手の家に行く直前に寄った近くコンビニのレシートが証拠になったケースもあるようです。

そのコンビニの住所から地図アプリを使って浮気相手の住所を特定して浮気現場を写真で抑えた事例もあるようです。

 

また、女子が好きそうな遊園地や、水族館などのレシートやチケットは高確率で浮気の証拠となるので見つけた場合は必ず保管しておいてください。

「今日は仕事」といって出かけた日の誰かとどこかに行っていたことがわかれば大きな証拠となりますよ!

 

ちなみレシートだけでなくクレジットカードの利用明細も有効な証拠になるので、日頃の言動とお金を使った場所が一致しない場合はくまなくチェックしておくことをお勧めします。

 

⑥録音音声とGPS

写真やメールなどは、いずれも目で見て判断できる視覚的な証拠ですが、聴覚に訴える「音声」強力な証拠になります。

例えば、旦那が車移動が多ければ、その車にICレコーダーを設置しておくというのも一つの手です。

 

長時間録音できるICレコーダーをあらかじめ購入しておき、座席の脇など普段チェックしないであろう場所に忍ばせておけば、車の中での会話を録音することができます。

またGPS端末も一緒に忍ばせておけば、どこに行ったか所在地を把握することができます。

 

浮気の証拠の集め方は以上ですが、さらに注意しておくべきポイントがあります。

それは浮気の証拠には、それ自体では弱く組み合わせによって威力を発揮する証拠と、それ単体でも強い証拠があるということです。

 

組み合わせによって証拠になるもの

浮気を認めさせたり、自白させたりする時に客観的に証明できるものです。

これら単体だけでは弱い証拠になりますが、他の証拠と組み合わせることで強力な証拠になる可能性もあるのでみつけたら必ず保管するようにしておいたほうがいいと思います。

・カーナビの履歴

・言動と矛盾するレシートや領収証

・浮気相手への通話履歴

・クレジットカードの明細

・友人や同僚など第三者の証言

 

単体でも強い証拠

ぜひともこちらを積極的に集めたいですよね。

これらはもちろん浮気を認めさせることができて、万が一離婚裁判を行なった時でも不貞行為を行なったことを立証できる強い証拠です。

・浮気現場の写真や動画で両方の顔がわかるもの

・浮気相手とのメールやLINE、SNSでのやり取り

・音声録音

 

こういった実際に離婚の裁判などになった時に使える証拠を覚えておけば、証拠をつかむ時にも優先順位がはっきりすると思います。

自分で証拠をつかむのはなかなか難しいと思いますが、絶対に不可能じゃありません。

焦らず相手に勘ぐられずにじっくり行動してください。

必ずボロは出ますし、証拠は必ずつかめます。

探偵事務所に依頼するという手もありかと思いますが、まずは自分の納得いくまでやってみるのがいいと思います。

 

-浮気について, 自分で浮気調査

Copyright© 浮気調査を決意!証拠掴みに成功した主婦の探偵事務所の選び方! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.