自分で浮気調査

いざ自分で浮気調査!証拠をおさえる時に準備しておきたいアイテム

更新日:

自分でする浮気調査にはこの道具が必要!

自分で浮気調査を行なう時のポイントは、必ず物的証拠を残しておくということです。

せっかくの掴んだ証拠なのに、その証拠自体が消えて無くなってしまったら浮気という事実を立証することは難しくなります。

実際に私が浮気の証拠を確実におさえる為に準備しておいたアイテムを紹介しておきます。

 

デジタルカメラ

これは証拠を押さえる為に確実に必要だと思ってください。

メールやLINEなどで不貞行為があると匂わせる内容があれば必ずデジカメで撮影して保存しておいてください。

また、その他の浮気の証拠品だと思われるものをデジカメに写真としておさめておけば絶対に後々あなたに有利に働いてくれます。

 

現在はスマートフォンでも綺麗な写真が撮影可能ですが、アプリを使って修正をしただろと言われてしまえば証拠としての信ぴょう性が薄くなってしまいます。

 

デジタルカメラなら、カメラの中に入っている段階では写真は修正はできません。

パソコンに入れると修正はできますが、証拠として写真を利用するなら修正は絶対にしないでください。

ありのままの写真を残すことが重要なポイントになります。

 

プライベート用の保存SDカードと浮気調査用の保存SDカードとをしっかり分けて管理して、相手には絶対にバレないようにしておきましょう。

 

ICレコーダー

これも浮気調査に必要なアイテムになります。

実際に親しい友人の証言や職場の同僚の方の浮気をしているという証言も証拠になりえますので、このICレコーダーも重宝できます。

 

浮気の証拠を掴んで実際に自白をさせる時には、必ずICレコーダーを準備して録音しておくことをお勧めします。

浮気を認めさせたと思っても後々、「あの時は気が動転していて…」なんて言われて否定してくる場合だってあります。

 

それでもICレコーダーにしっかり録音しておけば、確実な物的証拠になります。

ICレコーダーは家電量販店でも安価で販売されているので絶対に準備しておいてほしいアイテムです。

 

GPSはオススメではない

自分で浮気調査を行なう際にGPSを使うことを勧めている人もいますが、私はオススメしません。

 

なぜかというとリスクが大きいからです。

 

万が一GPSを取り付けていると相手にバレた時、あなたはどんな言い訳をしますか?

まだ証拠が集まっていない段階なら、なおさらあなたは不利な状況になり相手は警戒心を強めます。

 

しかも、 GPSは相手の居場所を特定するぐらいで決定的な証拠としては使えません。

どこに何分ぐらいいたかを把握しても浮気を立証することはできないのです。

 

GPSで大失敗!

私の友人の実体験ですが、GPSを使って旦那の浮気調査を試みました。

 

彼女は必死の作業の末、旦那のカバンの中にGPSを忍び込ませることに成功しましたが、いつバレるかという気持ちでハラハラしてどうしようもなかったと言います。

結局、大した証拠も取れないまま彼女は精神だけをすり減らしたのです。

彼女は「悪いことをしているわけでもないのになぜこんな気持ちにならないといけないのか」と複雑な心境を語っていました。

 

それでもあなたはGPSを使って自分で浮気調査を行ないますか?

しないでもいい心配を一つ増やすだけで私はオススメしません。

 

また、スパイカメラや偽造カメラなどの小型カメラや盗聴器なども絶対にオススメできません。

そんな特殊なものを使えば相手に疑われるのは目に見えていますし、違法行為に当たる場合もあるので自分で自分の首を絞めるだけなのです。

 

繰り返しになりますが、浮気調査を自分で行なう最大の目的は浮気の証拠をおさえることです。

 

あなたにリスクや危険が及んではいけません。

そんなことを勧めてくる業者は悪徳で間違いないですし、友人が勧めてきてもうまくかわしましょう。

 

浮気調査を自分で行なうには

デジタルカメラ

ICレコーダー

この二つで十分ですよ!

 

 

探偵さがしのタントくん

 

 

 

 

-自分で浮気調査

Copyright© 浮気調査を決意!証拠掴みに成功した主婦の探偵事務所の選び方! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.