悪質な探偵業者 浮気調査について 浮気調査の豆知識

探偵・興信所のトラブルは減ってる!でも浮気調査の高額料金トラブルは減らない!

更新日:

探偵・興信所のトラブルは減ってきている?

浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼するときに心配なのが実際頼んでみた後のトラブルだと思いますが、年々トラブル件数は減っているのです。

その理由は2007年にできた探偵業の業務適正化に関する法律の探偵業法のおかげです。

・国民生活センターに寄せられた相談件数の推移

suui

ね?段々、トラブル件数が減っていっているのがわかりますよね?

じゃあ、どこに頼んでも安心だ。

 

そんなことはありませんよ!

件数は減ってきてはいるものの、まだまだ悪徳な業者は存在しています。

調査が適当で誠意が見えない、解約料金や、キャンセル料を高額請求されたったいうトラブルは年々増えているのです!

 

国民生活センターに寄せられた実際のトラブル

 

・離婚した夫の交際相手の女性の居住地の調査を興信所に依頼したが、「不明」という調査結果の報告だけで詳しい調査報告書もなかった。

 

・契約した探偵事務所で満足した調査結果が得られないかったのに、追加調査を勧められて100万円以上の追加契約を無理やりさせられた。信用できないので解約したい。

 

 

・探偵に浮気調査を依頼したのだが急遽、対象者の夫が海外出張になり予定の1週間前にキャンセルしたのだが、全額返ってこなかった。

 

実はこういう国民生活センターに相談される探偵や興信所に関わるトラブルってごく一部なんです。

依頼が特殊なものですから泣き寝入りしてしまう人が多くて、これは氷山の一角なんです。

 

実際にあった探偵・興信所の高額代金トラブル

探偵や興信所のトラブルで一番多いのは高額な代金を請求されたトラブルです。

絶対に巻き込まれたくはないですが、実際にまだまだあるんです。

 

事例1 広告と違う!見積もりが高額!

ネットのホームページや広告では、調査料金を安く依頼できると書いている業者だったのに実際の見積もりではすっごく高額になるという事例です。

こういった探偵や興信所の目的は集客です。

低料金を前面にアピールしてできるだけ多くの依頼者を集めます。

そして言葉巧みにオプションなどと言って、もともと含まれているはずの調査車両料金、調査機材料金、報告書作成料などと言って料金を上乗せしてくるのです。

 

事例2 見積もりと請求が全然違う!

事例1の場合は、契約前に高額な見積もりを出されるので、おかしいなと思ったら契約さえしなければ高額な料金を請求されることはありません。

ただ、もっと悪質なのが契約後の調査に入ってからや調査を終わった後に、オプションや調査追加料が知らない間に追加されて見積もりよりも高額な料金を請求される場合です。

こんなことは許されませんが、実際にあるトラブル事例なんです。

 

妥当な料金はどれぐらい?

じゃあ、探偵や興信所に浮気調査を依頼する時の妥当な料金ってどれぐらいなのでしょう。

残念ながら浮気調査には、料金設定の目安になる基準はありません。

 

ただ、妥当な料金というのはあるので覚えておいたほうがいいかもしれません。

基本的に調査員の拘束時間が料金に反映されます。

相場としてが

調査員1名あたり1時間5,000円〜1,5000円程度

1日の調査時間4〜5時間

調査員2名

というのがほとんどのパターンです。

ですので大体の目安は1日10万円程度が相場になっています。

もちろん、こう言いた調査の内容やどれぐらい下準備ができているかによって料金は変わりますし、探偵社によって基準は変わります。

 

成功報酬でのトラブル

そもそも成果報酬って何?

成果報酬というのは「調査に成功したら報酬を支払う」といった料金体系のことです。

これの何がトラブルになるのかというと、そもそも「調査の成功」っていう基準がはっきりしないからなんです。

私たち依頼者からの感覚からすれば、「調査の成功」=「浮気の証拠」ですよね?

でもね、探偵側からすると、調査の成功っていうのは浮気を暴くわけが成功じゃなく

「依頼された期間の中でターゲットが浮気をするかしないかを確認する」

ということなのです。

だからターゲットが浮気をしなかった場合でも浮気をしなかったということが「調査の成功」になるのです。

 

成果報酬のこの「調査の成功」っていうのは、各探偵社や興信所によってそれそれ違うナイーブな問題なので、絶対に絶対に絶対に詳しくないようを確認してみてくださいね。

 

成果報酬でのトラブル事例

・過大広告でのトラブル

「完全成果報酬」という広告だったのに実際に相談してみると通常のプランで全然成果報酬制度ではなかった

 

・調査をしてくれない

調査料金が前払い。しかし調査は実際には行われていなく期間を引き延ばし続けて調査費用だけを請求してくる

 

・成果報酬の内容が曖昧で費用が高額に

浮気調査のはっきりした報告書もなく「浮気はしていなかった」と嘘をつく。

成果報酬なのに調査費用や諸経費を別途料金で後から請求される。

 

探偵や興信所のトラブルにあったらどこに相談すればいい?

こういったトラブルは絶対に避けたいですが、万が一こういった探偵や興信所とトラブルになったらどこに相談をしたらいいのでしょう?

そんな場合は、

・日本消費センター

・全国消費生活相談員協会

・弁護士会

・該当の探偵社が所属する調査業協会

 

【全国の消費生活センターなど】

 

探偵の探偵?????

最近では、ドラマでもあったんですが探偵の探偵をする探偵社もあります。

探偵がたくさん出てきてわかりにくいですが(笑)

わかりやすくいうと、依頼した探偵がちゃんと調査をしてるか怪しい時に、違う探偵を雇って調査をしてもらうことです。

探偵のトラブルを探偵で解決してくれるのです。

 

まとめ

探偵社や興信所のトラブル全体は法律の整備で減ってきてはいます。

けど料金に関してのトラブルは未だ全然減っていません。

こういったトラブルに巻き込まれないためには絶対に絶対に絶対に信頼のできる探偵事務所に調査を依頼することです。

 

 

 

 

 

-悪質な探偵業者, 浮気調査について, 浮気調査の豆知識

Copyright© 浮気調査を決意!証拠掴みに成功した主婦の探偵事務所の選び方! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.