不倫について 不倫の慰謝料 離婚について

夫の浮気が発覚!離婚をしなくても慰謝料って取れるの?

更新日:

離婚をしなくても慰謝料は請求できる?

夫に浮気をされた時って、離婚をしなくても慰謝料は請求できるのものなのでしょうか?

離婚や別居をしなければ慰謝料の請求ができないイメージがありますが、実際のところどうなのでしょう?

離婚をしなくても慰謝料を請求できる!

まず結論から先に言っておきますと、この場合離婚をしなくても慰謝料の請求はできます。

夫婦のどちらかが異性の浮気相手と不貞行為があった場合、浮気をされた側は、その愛人と結婚相手に精神的な苦痛の慰謝料として損害賠償を請求することができます。

これは不貞行為(浮気・不倫)が愛人からの誘惑か、自然になったものとかは関係はありません。

日本の法律では不貞行為自体が違法性があるとされているので、その慰謝料を請求することができるのです。

 

こういう場合は注意が必要

ただし、夫婦関係がすでにうまくいっていない状態でその後に結婚相手が愛人を作って不倫をした場合は、愛人と不貞行為があったから夫婦関係がうまくいかなくなったという直接的な関係が認められないので「不貞行為」を理由に慰謝料の請求はできません。

 

元々夫婦関係がうまくいっていなかったらもらえない

これどういうことかというと、夫婦生活がうまくいっている状態で不倫をされた場合は慰謝料を請求できて夫婦関係がうまくいってない場合での浮気は慰謝料は請求できないのです。

これは別居中だけでなく、一緒に住んでいて家庭内別居でも同じです。

これ夫婦生活がうまくいってなかったんだな、と判断されれば慰謝料はもらえないのです。

 

つまり元々夫婦生活がうまくいってなかったらもらえない、浮気をされたから夫婦生活がうまくいかなくなったからもらえるという認識で大丈夫です。

 

浮気相手が夫を既婚者だと知らなかった場合

夫が自分が既婚者ということを隠して、浮気相手がそれを知らずに付き合っていた場合は、その愛人からは慰謝料は請求できません。

浮気相手からすればこれは”不貞行為”ではなくただの”交際”になるためです。

これには、浮気相手には過失がなかったみなされます。

また、夫が愛人を脅していたり暴力で使って関係を続けていた場合も愛人に過失はないので、愛人への慰謝料は請求できないことが多いのです。

 

離婚しなかった場合慰謝料はどれぐらいもらえる?

夫が浮気をしていて離婚をせずに、浮気相手に慰謝料を請求する時にはその金額には算定基準はありません。

つまり具体的な相場はいくらでというのは決まっていないのです!

ただ、いくらでも請求できるかというとそうでもなく、慰謝料の金額は浮気をされたことによってどれだけの損害が出たかやどれだけの精神的苦痛があったかで決定されます。

慰謝料の料金が決まる主な事項

・精神的苦痛の程度

・不貞行為がわかって夫婦関係が破綻したかどうか

・年齢、結婚年数

・不貞行為の期間・回数

・どちらが積極的だったか

・浮気相手の資産、経済力

・浮気相手の社会的地位

などを総合的に判断して最後は裁判官が慰謝料の金額を決定します。

悲しいことですが、離婚をしないということはそれだけ損害が少ないと考えられてしまいます。

 

離婚しない場合の慰謝料の相場

離婚しない場合の慰謝料の相場は50万円〜150万円くらいが多いと言われています。

裁判外の話し合いでは10万円とか20万円といった事例もあります。

はっきり言って浮気をされた怒りに対してたったこれだけなの!?という気持ちはすっごくあります。

はっきり言って10万円や20万円では安いと思います。

 

ただ、精神的損害の賠償として慰謝料を請求するわけですから、請求金額自体はいくらでも構いません。

しかしあんまり高額の慰謝料を請求してしまうと話がこじれてしまい支払いをされない可能性もあります。

裁判だと金額の根拠も問われます。

だから結婚生活を継続すると決めているのだったら、これ以上こじれなることを避けたほうがいいと意見があるのも納得できます。

またその浮気相手に支払い能力がない場合は裁判で支払い命令が出たとしても、希望通りの支払いは望めないかもしれません。

 

しかし負けてはいけません!離婚せずに高額の慰謝料を請求することは可能です!

 

離婚せずに高額の慰謝料を請求する方法

離婚はしたくないから、事態をこじらせないためにも少額の慰謝料で妥協しようかな…そうも思っているのであれば仕方ありませんが、浮気の証拠があれば出来る限りの高額な慰謝料を請求sることができます。

自分で浮気の証拠を集める

浮気をしている証拠が見つかれば高額な慰謝料を請求できますが、

自分で夫と愛人の不貞の証拠を集めるのは現実問題として困難です。

これは「性行為(肉体関係)を確認して推認できる証拠」されていて、例えば、ラブホテルから二人で出てくる写真であったり、そういった行為を証明できるのものでないといけません。

 

探偵事務所に相談・依頼する方が良い

こういった場合は、調査力の評判のある探偵社に相談をして依頼した方が良いのです。

調査力があって評判の良い探偵事務所であれば、できる限り高い慰謝料の請求に必要な「不貞の証拠」を集めてくれます。

費用に関してはあらかじめの相談で予算も細かく聞いてくれて、証拠を取った後のアフターケアもしっかり行ってくれます。

慰謝料請求が裁判になれば、推薦の弁護士の先生も無料で紹介してくれます。

 

探偵事務所に依頼する人は、慰謝料が依頼費を上回ることを目指しできるだけ高額な慰謝料を請求したい人ばかりです。

 

離婚をしなくても慰謝料は取れます。

しかしどういった方法で慰謝料を請求するかでその金額は大きく変わります。

離婚をしないのであれば、夫を許しても浮気相手は絶対に許してはいけません。

できる限り高額な慰謝料を請求してやりましょう!

 

-不倫について, 不倫の慰謝料, 離婚について

Copyright© 浮気調査を決意!証拠掴みに成功した主婦の探偵事務所の選び方! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.