離婚について

浮気調査後に離婚をするには何が必要?まずは別居という選択肢もあるのでは?

投稿日:

それで離婚しても大丈夫?

浮気の証拠をしっかり押さえ、離婚するぞっていう気持ちが固まって、夫婦の共有財産などが把握できたとしても、離婚を突きつけるにはまだまだやることがあります。

 

それは離婚をした後の自分の生活設計をしてみるということです。

実際には、離婚後は相手とは一緒に住まなくなり別居することになるので、別居後の生活を想定してシミュレーションしてみるということです。

今まで一緒に暮らしてきた夫婦が離婚をして別れて暮らすことになった時に生活がどういう風に変わるのか頭に描いてみることが大切なのです。

 

専業主婦の方は注意が必要

特に専業主婦の女性で、家庭の生活費をご主人の収入に依存していたという場合は注意が必要です。

この場合、離婚をした後生活していくための費用をどうやって作っていくのかを考えていく必要がありますよね?

しばらくの間、生活出来るお金があればいいですが、そんないつか底をつくと思います。

新しく仕事を探して働くことも考えないといけないのです。

 

養育費はあてにしないほうがいい

そんなの慰謝料や養育費でなんとかなるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それはちょっと注意が必要かもしれません。

確かに、夫婦の間に経済力に差があり場合は、離婚前は婚姻費用の分担離婚後は子どもの養育費を請求することはできます。

扶養的財産分与といって、貢献した割合で分ける精算的財産分与や慰謝料だけでは専業主婦が自立して生活するのに足りない場合に給付される財産分与もあります。

 

しかしそれのみで生活費や子どもの教育費をまかなえる人はごくわずかだと思ってください。

 

離婚後のお金のことはしっかり考えておきましょう

要は、ご主人に離婚を切り出す前に、別居をした後や離婚をした後の生活で必要になるであろう「お金」のことをしっかり計算して考えておかないといけないということです。

厳しい言い方かもしれませんが、なんとかなるでしょ!という考え方ではすっごく危なっかしいと思います。

生きていくにはお金は必ずついて回ります。そこをいかに自分で工面してくかは重要なテーマだと思います。

 

住居はどうする?

また別居する際は自分が家を出て行くという場合には、どこに住むのかということも考えないといけません。

実家に戻るという選択肢もありますが、世間の目もあって一筋縄ではいきません。

子どもがいるなら、教育環境のことなどいろんなことを考えなくてはいけませんよね。

そういったことを総合的に考えて、実家に戻らずに自分で家を借りるという場合もあると思います。

そんな時も現実的にどこに住めばいいのか?どこだったら経済的にも環境的にもストレスなく住めるのか?ということもシミュレーションをしてみる必要があるかもしれません。

住居を借りるとなるとやっぱりそこには費用がかかりますから、「お金」という部分は切っても切り離せないと思います。

 

お金の問題が見通しがつけば離婚に動き出す

離婚には何が必要?となるとやっぱり一番大きいのは「お金」でしょうね。

住む場所もお金がかかりますので、こういった問題にある程度見通しがついた段階から離婚に向けて本格的に動き出した方がいいんじゃないかと思います。

もし、離婚をしたら生活がそういう風に変わるの?ということをわかった上で、対策をしていく必要があります。

生活が苦しくなるようであれば、公的支援について役所に問い合わせてみるというのも一つの方法だと思います。

 

まずは別居という方法もあり?

離婚をする!と意志が固まって準備ができていて、いざ離婚に向けた話し合いを始める場合、早い段階で別居をするというのもおすすめの方法です。

早めに別居をしておくことで、離婚手続きを円滑に進められるからです。

 

特にご主人が離婚をしてくれないと言い張っていて、自分は絶対に離婚をしたいと考えているならその意思を表示するという意味で、別居の効果は絶大です。

だって、夫婦が同じ家に住みながら、離婚に向けた話し合いをしていくのは精神的に相当つらいものですよね?

想像しただけでもそんな空間にいたくありません。

離婚をする!という意思がはっきりしているのなら、生活を別々にして同じ空気の中で過ごすことを必要最低限にしておいた方がストレスにもならないと思います。

 

別居は法律的にも重要?

そして別居というのは、法律的にも重要な意味があります。

もしご主人が離婚をしたくないと言い張り同意をしなくて裁判で争うことになった場合、別居期間の長さによって離婚が認められるかどうかが大きく左右されるのです。

実際の裁判では、別居期間の長さだけで離婚ができるかどうかが決まるわけではありません。

しかし、実質的に婚姻関係が破綻しているといえるかどうかで判断されるのですが、一般的には別居が長ければ長いほど、離婚が認められる可能性は高いそうです。

 

別居で家を出るときの注意点

勝手に家を飛び出さない

離婚の意思が固まっている人には、別居はおすすめの方法です。

しかし、別居にしたいとしても勝手に家を飛び出して別居を始めるようなことはしないでください。

これは夫婦の同居義務・協力扶助義務というものがあるからです。

正当な理由がないまま、強引に家を飛び出してしまったら、法律上の離婚原因である「悪意の遺棄」に当たると判断されてしまう場合があるのです。

家を勝手に飛び出したのは夫婦としてのルール違反だ!と言われ離婚が認められなくなる可能性があるのです。

だから、別居をするときは、最低でも「別居した方が今後とも冷静に話し合えると思うので別居させてもらいます」という手紙を残しておきましょう。

これで「悪意の遺棄」とは判断されずに済みます。

 

子供の親権は置かれた現状を重視される

また別居するときの注意点としては、未成年の子供がいる場合です。

親権を持ちたいと思っている倍には、もちろん子供の意思が尊重をされます。

でもそれだけで決めがたい場合は、裁判所が親権者をどちらかにする方がいいのかを判断します。

この時子供の置かれた状況を重視する傾向があるのが裁判での特徴です。

離婚した後に親権を持ちたいのであれば、子供を一緒に連れて行くのが正解です。

 

まとめ

やっぱり離婚に必要になるのは、これから生活していくためのお金のことです。

仕事ももちろん、住む場所や生活費はどうやってしていくのかを考えなくてはなりません。

また、離婚を円滑に進めるには別居がおすすめです。

それぞれの置かれた状況によっても違いますが、浮気調査をおこなった後に離婚を考えていらっしゃるならこの辺までしっかりとシミュレーションされておくのがいいと思います。

どういう結果になろうが私はあなたの味方です。

必ずまた人生は楽しくなりますよ!

 

 

 

-離婚について

Copyright© 浮気調査を決意!証拠掴みに成功した主婦の探偵事務所の選び方! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.